自分で浮気調査をすると失敗する可能性が!確実に証拠を残すには探偵へ任せましょう!

MENU

自分で浮気調査をすると失敗するので、失敗しない方法は探偵に任せた方が良い

自分で浮気調査をすると失敗するので、失敗しない方法は探偵に任せた方が良い

自分で浮気調査するのは危険です。
まず素人が浮気調査をすると、対象者にその事が知られる事が多いです。

 

対象者に浮気調査が知られると、対象者の警戒が強まり調査が上手くいかなくなってしまいます。
また知られると喧嘩の原因になったり、別れる原因になったりしますので、それは避けなければいけません。

 

うまく浮気調査を行うためには、コツや適切な方法が必要です。
素人がそのコツや適切な方法をしらないと、高い確率で失敗します。

 

浮気調査は探偵にまかせた方が良い

失敗を避けるためにも、探偵に任せた方が良いです。
探偵は浮気調査の専門家です。
浮気調査のコツや適切な方法を熟知しています。

 

また、数多くの調査を行って経験が豊かで、イレギュラーな事が発生しても適切に対応処理できます。
浮気調査を自分で行って例えば尾行をしていた場合には、対象者と顔見知りなのでよほど上手くないと尾行はバレます。

 

借金問題 尾行や証拠となる写真を確実に
探偵を雇えば、まず探偵と対象者は顔見知りではないので、尾行はばれません。
気づかれずに尾行します。

 

決定的な場面をバレずに写真等の画像を取るのは意外と難しいものです。
うまく映らなかったりして、貴重なシッターチャンスを逃す場合があります。

浮気の証拠を確実に残したいなら、探偵へ浮気調査を依頼しましょう

自分で浮気調査をすると失敗するので、失敗しない方法は探偵に任せた方が良い

浮気の証拠が残せなければ、調査の意味が無いです。
その点、探偵であれば、うまく証拠となる様な写真等を残せます。

 

また、原則、探偵は対象者を見失わない為・調査がばれない為に、3−4人のチームで調査を行います。
専門家が3−4人で行う浮気調査を、自分一人で行うのは至難の業です。

 

専門家なら、調査に必要な道具を熟知し所持しています。
変装道具、暗闇に強いカメラ、車、バイク等様々な道具を熟知し使用します。

 

裁判に使える証拠は素人では判断が難しい

また、裁判となった場合には、裁判で使える証拠になる証拠と、ならない証拠があります。
例えば、婚姻関係の場合に裁判で浮気だと証明できる証拠は「配偶者以外の者と肉体関係を持った事を証明できる」証拠でなくてはいけないです。

 

キス・デート・メールのやり取りだけでは原則裁判上の証拠にはならないです。
その点の判断も素人では難しいです。
失敗しないためには、探偵に任せた方が良いです。

 

浮気調査

>>浮気調査に実績の高い探偵事務所ランキングはコチラ<<

【浮気調査の失敗しない方法は探偵事務所へ依頼する方法】記事一覧

浮気調査

パートナーの浮気を疑って、かなり長い時間そのままにしていました。浮気の証拠も、浮気をしていない確証もなく、ずっと心が落ち着くことなく、不安な日々を過ごしていました。日常生活にも影響が出るようになってきて、このままじゃいけないと考えました。前に進む為にも、浮気調査をして、どっちの結果となったとしてもしっかりと受け止めようと決意しました。探偵事務所に浮気調査を依頼したきっかけ自分で浮気調査をすることも...

浮気調査

以前から興味本位で、探偵事務所の体験談を読んでいました。その頃は、まさか私が浮気調査をお願いする事になるなんて思ってもいませんでした。どのように調査が行われるのかや、どのような人が調査を依頼するのかを楽しみながら読んでいました。しかし、同棲している彼の行動に不信感を持つようになった時のことです。それが仕事でのストレスと相まって、体調を崩しそうになりました。少しでも状況を改善できればと思い、思い切っ...